真性包茎は手術・治療が必須?放置するリスク

真性包茎の症状とリスク

陰茎に包皮がすっぽりとかぶってしまっている真性包茎は、勃起しても包皮がかぶったままになっていることが特徴です。常に陰茎を包皮が覆っているので、皮脂や古い角質、ほこりなどが混じって不潔な状態になっており、雑菌が繁殖しやすい環境となっています。かぶれたようにかゆくなることがある、湿疹ができやすい、においがあるなどの場合が多く、化膿して膿がたまってしまうこともあります。
真性包茎を放置していると、炎症を起こして腫れあがってしまったり、湿疹ができたりするリスクがあります。痛みやかゆみが出ることもあり、女性との関係や見た目のコンプレックス、においなどいろいろな悩みも抱え込むことになるので、早めに手術や治療をすることをおすすめします。真性包茎の場合、包茎が自然になおることはとても少ないので、手術や治療を早めにすることによって自分に自信を持つことができたり、様々な病気のリスクを防ぐことができます。

真性包茎の治療や手術をするときのポイント

真性包茎は、放置していても自然になおることは少なく、治療や手術を早めに行うことがおすすめの症状です。真性包茎の治療や手術をする場合には、男性専門のクリニックを選ぶことをおすすめします。症例数が多く、成功事例が多い評判の良いクリニックを、口コミなどで探し、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けることがポイントです。
カウンセリングを受けると、自分の症状をみてもらった上で、自分に必要な治療や手術を提案してもらうことができます。不安や疑問を直接ドクターに聞くことができ、費用についても自分の場合にかかる金額を具体的に教えてもらうことが可能です。カウンセリングを複数経験することによって、費用や対応、ドクターとの相性などを比較することができるため、自分に合っていて納得することができるクリニックで、治療や手術をすることができるというメリットがあります。真性包茎の治療や手術をする場合には、カウンセリングを比較してから納得できるクリニックを選ぶことがポイントです。

まとめ

真性包茎は、治療や手術が必要な症状であることが多く、放置してしまうと感染症や湿疹など別の病気を引き起こしてしまったり、においや見た目で長い間悩むことになります。真性包茎の治療や手術をする前に、男性専門のクリニックのカウンセリングがおすすめです。カウンセリングを受けることによって、費用や治療方法、手術方法などを詳しく知ることができ、複数のカウンセリングを受けると比較をして納得できるクリニックを選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です