真性包茎と仮性包茎の手術・治療方法の違い

真性包茎について正しく理解しよう

まずは簡単に包茎について種類があることをしっかりと把握しておくことが、とても大切になります。主に大口径の種類は三つあり、仮性包茎と真性包茎とカントン包茎というものがあります。一番重度になるのが真性包茎でこの場合はそのような時でも、手を使って皮を剥くことができないような状況です。恥垢などがたまりやすく細菌なども繁殖してしまうため、一刻も早い治療が必要になってきます。
仮性包茎に関しては平常時などに皮が覆われてしまっている状態ですが、やはり見た目などにも酷問題などがあり大きく良くないので、コンプレックスになどになってしまうような可能性があります。そういった点で毎日の生活を自信をつけるためにも手術が必要だと言う事が言えるでしょう。多くの人達がこうした包茎手術で悩み、そして手術を受けることによって、解決をしています。その中間にあたるのがカントン包茎というもので平常時であれば手で皮を剥くことができるものの、勃起時など陰茎が大きくなっているような時には向くことができない状況です。

手術の違いはどうなる?

包茎にも様々な種類がありますが、手術法は基本的に皮を向けさせるようにするため手術自体にあまり違いがあるというわけではありません。手術の種類は環状切開法などが、スタンダードとされています。しかしながら真性包茎の方は病気と判断されているため、保険などが適用され費用なども安くなりがちです。そういった点で違いがありますので、後包茎手術の方は美容面で取る手術というふうに考えられるため保険が効かないことなどもあり費用などが高額になりがちなので気をつけておきましょう。
とはいえ仮性包茎などの場合では簡単にむくことができるため、切らない手術などを行えるようなことも起こるときがありますので主に人気になっているのが感情直下切開法ではありますが、これは医学的な処置によるものであり、手術後の美容面における問題などがあり跡などが残ってしまったり、ツートンカラーになってしまうというような可能性がありますのでその点についてはしっかりと理解しておきましょう。真性包茎やカントン包茎であれば保険が適用されますので、是非とも一刻も早く手術をすることがお勧めです。

まとめ

以上今回は真性包茎仮性包茎による手術や治療方法がどのように違うのかと言ったことについて説明してきました。真性包茎の方が病気と診断されることから保険がきくと言う事に、大きな違いがあります。費用などもかかりませんので真性包茎の場合は病気などを併発するような可能性もあるので早めの手術を考えましょう。仮性包茎の方もコンプレックスなどになってしまって自信が失われてしまっているようならば、是非とも手術を検討し近くの医療クリニックなどに相談してみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です